ゲーム開発、イラスト、KAORAEntertainmentBLOG

It is a blog about KAORAEntertainment game 自作ゲームの情報や作成進捗状況です

Unity IAP(アプリ内課金)実装でつまずいたところ

Unityへのアプリ内課金を実装で躓いた

作成中のゲームアプリ「RoidChanDerby」にアプリ内課金を実装しようとしたところ、躓いたため備忘録として。

しかし、回避策が強引なため、あとあと問題があるかも。

 

UnityChannelがImportされない

UnityエディタのServices内から、IAPをEnableにし、DLL関係をimport。

ところがここでビルドしようとするとエラーが。。。

「Editor.dllが複数ある」

というエラーが。表示された。

 

importしただけで、この問題。

ネットで検索したところ、一度削除してと書かれてあったので

とりあえず、一度削除して、再度importするも現象変わらず。

 

エラー箇所を調べていくと、

f:id:KAORA_22:20190819194748p:plain

このUnityChannelというものが見つからないとのこと。

 

ただ、ネットを調べるとやはり「Import」でUnityChannelもimportされるらしく、かなり困りました。

 

別アプリで確認

毎回そうなのですが、製作途中で問題に遭遇した時は、

最小単位のプロジェクトを別途用意して確認します。

すると。。。

f:id:KAORA_22:20190819195207p:plain

別アプリでは、しっかりとUnityChannelがImportされています。

 

同じ操作だけど、入っているものが違うから(RoidChanDerbyの方はすでに色々作りこまれている)なのか、こういうタイプの問題は厄介です。

回避策

その後も、怪しそうなアセットを消したり、再Importを繰り返すも、問題解決せず。。

結局回避策としては、別プロジェクトで作成した「UnityChannel」フォルダをごっそりそのままこのプロジェクトにコピーすることで解決しました。

この操作が正しい気はしないので、後々問題にならなければいいのですが。。

また、調査中に発見したのですが、XiaomiSDKがimportされている場合も問題になりそうです。

 

f:id:KAORA_22:20190819200009p:plain

PlayFabとの連携

課金実装でかなり時間を費やしたため、PlayFabとの連携(カタログ情報の取得)などは、次回まとまった時間が取れる時にやります。備忘録も書きます。

 

Googlplayのアプリ審査が長くなってから、課金システムの実機確認に時間がかかるのでつらい。。。

課金要素はやめようかな?